ねこブロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みにおすすめ! 本orゲーム紹介オノダ編part2

<<   作成日時 : 2013/08/28 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、オノダです。
前回のコマキさんのハイクオリティな紹介のあとに書くのは、本当につらいです。
でもすごくおもしろそうですね。
コマキさんも書かれてましたが、世界観がすげーかわいい! 
あのハサミのくだりはわたしもやってみたいです(^◇^)
紹介マンガはこちらから

さて、夏の読書といったらアレですよね。
この季節、本屋さんにいくと必ず置いてある、アレ。
そう、各出版社が出している、「夏のオススメ本小冊子」です!
画像

毎年これを読むのが趣味で、ちょっと探したらこんなに出てきました。

今年は、この3冊。
画像


「発見! 角川文庫 2013夏」
「ワタシの一行 新潮文庫の100冊」
「文学、始めました。 ナツイチ 夏の一冊 集英社文庫」
今回は、この3冊の中から1冊ずつ紹介していきます。


ではまず「発見! 角川文庫 2013夏」から。
画像


『金曜のバカ』越谷オサム

金曜のバカ (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-11-22
越谷 オサム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金曜のバカ (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



作者は、嵐の松潤&上野樹里で映画化する『陽だまりの彼女』で、一躍有名になった越谷オサム氏。
わたしは『陽だまりの彼女』が、この作者の初読で、正直苦手でした
映画化するほど人気なのにこんなこと言っていいのかわかりませんが、まず“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”というキャッチコピーがつく意味が、まったくわからないのです。
読まされた男子は、たまったもんじゃないですよ。
わたし読み終わった直後、ブチ切れましたもん。
でも、映画化するくらい人気なので、気になる人は読めばいいと思います。

そんなこんなで印象はすこぶる悪かった、越谷作品なのですが、タイトルと表紙に一目ぼれしたのが『金曜のバカ』。
わたし、言葉に弱くて(先ほどのキャッチコピーもそうですね)、漫画とかもタイトル買いしてしまうことが多いんです。
表紙イラストは、TVアニメ化もした人気コミック『日常』の作者・あらゐけいいち氏。いいっすね! タイトルとすごくマッチしてる!
ストーリーは、一風変わった恋愛小説……なのかなあ?
短編集なので、表題作の『金曜のバカ』をちらっと紹介しますね。

ストーカーが女子高生を待ち伏せして、毎週とっくみあいの喧嘩をする。

以上です。
わくわくしますね。
これとはまた違ったテイストの短編が、全部で5つ収録されていますよ! ヒャー!


「ワタシの一行 新潮文庫の100冊」からは、
画像


『キケン』有川浩

キケン (新潮文庫)
新潮社
2013-06-26
有川 浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キケン (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


こちらの作者は、いわずもがなな有川氏。
有名どころをあげればキリがないですよね。
TVドラマ化した『フリーター、家を買う。』、実写映画化した『阪急電車』、アニメ化・実写映画化した『図書館戦争』etc...

有川氏のどれもこれも好きなんですが、主に読んでいたのが、べったべたで甘々の恋愛小説だったんです。『植物図鑑』とか『塩の町』とか。
その他の作品も結構べたな恋愛要素があるので、
「有川氏は恋愛小説!」
っていうイメージがあったんです。

しかしまあ『キケン』は、男しか出てこない。
しかも男子大学生のみ。くさい!(※くさくないです)
機械制御研究部、通称・キケンで、
平成のユナ・ボマーと呼ばれる部長・上野に振り回されながら送る、犯罪スレスレの大学生活。
めっちゃ楽しそう。マジ男子に生まれたいと思った。
ロボット大会や、文化祭での理系男子の本気がすごい!
男子大学生4人のドタバタ青春群像劇って感じです。
ハマりすぎて、一週間で3回は読みました。
表紙もそうなんですが、章扉もストーリーにあったイラストですごく楽しかったです!


「文学、始めました。 ナツイチ 夏の一冊 集英社文庫」からは、
画像


『石川くん』枡野浩一

石川くん (集英社文庫)
集英社
枡野 浩一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 石川くん (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


作者は、歌人であり、最近は芸人になったらしい枡野浩一氏。
代表作である
毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人からである/枡野浩一
は今年から教科書に載っているそうです。学生さんがうらやましい(>_<)!

さて、まず「石川くんって誰よ」と、お思いになると思いますが、何を隠そう、歌人「石川啄木」のことです。
著者が20代後半で亡くなった石川啄木よりも年上だし、友達みたいな感覚でいいよねと書いたので、短歌の本なのにフランクで読みやすいです。
枡野さんが親しい友人へあてた手紙のような感じで、石川くんについて、石川くんの短歌について、その現代語訳が、つづられています。
読み進めていくうちにわかってくるんですが、石川くんなかなかのクズなんです。
友達から借金するわ、女ったらしだわ(笑)。
それを知ったうえで、石川くんの有名な短歌を見てみましょう。

はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る/石川啄木

……いや、石川くん働いてないよね?
現代語訳がこちら。
がんばっているんだけどな いつまでもこんな調子だ じっと手を見る
マイルドになってますね。

終始こんな感じで、枡野さんの不謹慎さにくすっと笑っちゃたり、知られざる石川くんの本性にそうなんだーと感心したりできるおすすめの一冊です。
表紙イラストも担当されている、朝倉世界一さんのすてきなイラストも、要所要所に入っているので楽しみどころです。


以上、夏休みにおすすめ! 本orゲーム紹介オノダ編part2でした。

夏終わるけど……? って感じですが、夏が終われば読書の秋ですし、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

アディオス!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏休みにおすすめ! 本orゲーム紹介オノダ編part2 ねこブロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる